藤沢・平塚|めまい・うつ・発達障害|三枝カイロプラクティックオフィス

めまい、うつ、発達障害などを得意とする機能神経学的アプローチ専門のカイロプラクティックです。治りにくい症状のほとんどすべてに脳と神経の異常がかかわっています。脳が変われば痛みや症状は変わります。そして人生まで変わるかもしれません。
 090-1207-3652
お問い合わせ

講師活動・研究&症例発表

<講師活動>

~~2018年の予定~~

■『ケーススタディによる神経診断学』

・第1回 『右上下肢麻痺と左上下肢のしびれ』(2018.1.21)終了

・第2回 『歩行困難と膀胱機能障害』(2018.4.15)

第3回 『オートバイ事故後の右上肢の筋力低下としびれ』(2018.6.17)

・第4回 『歩行・体幹失調と頭痛』(2018.9.16)

・第5回 『(未定)』(2018.11.18)

 

■「カンデル神経科学を基に機能神経学的な応用を考察する」勉強会

・『睡眠障害と脳幹網様体、そして臨床アプローチ(第51章)』(2018.4.14)

・『うつ・不安障害と脳幹網様体、そして臨床アプローチ(第63章)』(2018.7.14)

・『前頭前野と海馬、カンデル神経科学の総括(第67章)』(2018.12.15)

 

~~過去の活動~~

■「カンデル神経科学」を学ぶ勉強会

・第49章 ホメオスタシス、動機づけ、および嗜癖状態(2017.12.9)

・第46章 脳幹部の修飾機能(2017.9.9)

・第41章 姿勢(2017.5.13)

・第38章 随意運動:頭頂葉と運動前野(2016.11.19)

・第35章 脊髄反射(2016.8.20)

・第32章 においと味:化学感覚(2016.5.14)

・第30章 内耳(2016.2.20)

・第27章 中間段階の視覚情報処理と視覚要素(2015.10.17)

 

■研究発表

・『下肢筋トーンを指標とした脳幹刺激の左右差の研究』(2017.2.25)

 

■症例発表

・『47歳男性 主訴:複視』(2016.3.19)

・『16女性 自分の身体が小さく感じる』(2015.3.21)

2020.08.11 Tuesday