インフォメーション

2022-04-15 18:12:00

日本におけるカイロプラクティック機能神経学の第一人者である

伊藤彰洋DCが主催するDISO機能神経学講座の新たなシリーズが

4月24日(日)19:00に始まります。

 

このシリーズは2年間をかけて中枢神経系を機能的に理解できるように

伊藤DCと私三枝がじっくりと分かりやすく講義を進めてまいります。

Module1は「脊髄」です。4,5月に三枝が担当いたします。

 

脊髄といえばカイロプラクティックと非常に関連が深い部分ですが、

しっかり学んでいくとこれほど複雑な部分もありません。

臨床におけるピットフォールもたくさんある部分です。

私も苦労して学んできた部分ですが、

可能な限りわかりやすい資料と講義を準備しております。

まずはここから中枢神経を理解していきましょう。

 

いつからでもアーカイブで受講が可能ですが、

オンラインで受講するほうが記憶に残りやすいため、

可能であればオンライン受講をお勧めいたします。

詳しくは伊藤DCのHPから資料をご覧になり、

お問い合わせください。

 

こちらからどうぞ。

伊藤カイロプラクティックオフィス DC 伊藤彰洋 パーマー - 伊藤カイロプラクティックオフィス (meisho-hp.jp)

2022-03-15 21:00:00

発達レポートのページに

「気持ちの不安定さを克服、得意分野を生かして社会貢献」D君(18歳)

を追加いたしました。

2022-01-31 22:24:00

2022年度の機能神経学基礎講座とプレセミナーの情報をアップいたしました。

詳しくはこちらから。

 

2022機能神経学基礎講座<中枢神経系>

2022-01-05 08:29:00

新型コロナウィルスの変異株であるオミクロン株は

感染力は強いが重症者や死亡者の割合はこれまでのものよりも

大幅に低下していると言われています。

一方、空気感染により広まる可能性を言われていますので、

換気や密を防ぐ、ソーシャルディスタンスが

今まで以上に感染防止に重要であるかもしれません。

さえぐさカイロでは換気、空気循環、加湿をこれまで以上に強化しております。

2021-06-26 07:56:00

感染症リスク対策の一環として二酸化炭素濃度計を設置しました。

オフィス内が密になったり会話が増えた場合には

室内の二酸化炭素濃度が上昇します。

二酸化炭素濃度計によって喚起のタイミングが

分かりやすくなります。

 IMG_20210619_160135.jpg

また、平塚オフィスの入り口にスライド式の網戸を設置しました。

これも換気量を増やすことになり、

感染症対策に役立つと考えています。

網戸の網の色が見えにくいので、

ぶつからないようにお気を付けください。

1 2 3 4 5